COMTE コンテ


コンテの生い立ち


品質管理とラベリング

熟成庫から出荷されるタイミングで、コンテの品質を表す緑か茶色のラベルが貼られます。熟成士が下記のような風味を中心とした様々なカテゴリーに応じてひとつひとつのコンテを採点しランク付けするのです。

さらに専門家による鑑定団が定期的に熟成庫からのサンプルチーズを検査し、適切なラベリングを管理しています。

 

カテゴリー 満点
9
食感 5
外観 3.5
外皮 1.5
1
合計 20点


20点満点中12.0点以上のチーズにコンテの茶色のラベルとAOPの認証が、さらに14.0点以上のチーズには緑のラベルとAOPの認証が貼られます。2009年生産分から新ラベルとなっており、以前グリーンラベルに記載されていた「EXTRA」やAOCマークに代わり、EUのAOP (原産地呼称保護) マークが入れられています。

12点未満のチーズはコンテとしての公式なラベルは貼られず、プロセスチーズの原料となります。(総生産量の約5%)

「緑」も「茶」も、どちらも4ヶ月以上熟成された正真正銘のコンテです。例え茶色のラベル (総生産量の約15%) でも、もしかしたら外見の小さな傷が原因で、それを除けば緑に劣らず完璧なチーズかもしれません。ラベルの色は熟成の長さや風味の分類とは関係ありません。

緑のラベルの平均熟成期間は8ヶ月です。

 


コンテの生い立ち メニュー



メインメニュー