COMTE コンテ


コンテに関わる人々


AOPの法的保護

他の最高級品と同様、コンテも模倣品が多い製品です。産業が生き残るためには、このようなコピー商品を最小限にとどめる必要があります。
AOPの保護は、いくつかのレベルで制定されています。


*フランス国内では、コンテは国家遺産として保護されています。フランスの法律では偽造と名称の不正使用には罰則が設けられています。不正行為防止総局(DGCCRF)が指摘する違反行為に対して、検事が民事訴訟を起こした場合、CIGCも常に参加します。もし政府が動かない場合は、CIGCが独自に行動を起こすこともあります。

*ヨーロッパでは1992年に共同体条例2081/92にて、欧州連合内におけるAOPの保護を保証しました。

*国際レベルでは、現在TRIPS(貿易関連知的所有権協定)でAOPワインの名称のみ保護されていますが、その他の食品分野にも拡大するべく、国家の諸機関が交渉中です。

*名称保護の公的システムを補完するために、CIGCはほとんどの国で、権利侵害の際に迅速に対処できるよう、「コンテ・ベル」のロゴを商標登録しています。



コンテに関わる人々 メニュー



メインメニュー