COMTE コンテ


コンテを味わう


フレーバーの魅力

コンテをほおばると、フルーティー、花の香り、マイルド、スパイシーなど、時には言葉が見つからないほど限りなく豊かな風味が広がります。若いコンテは時にバター風味のマッシュポテトのようなデリケートな香りを思い起こさせます。またもう少し熟成の進んだチーズは、フルーティーだったりスパイシーだったり、あるいはローストの風味が泉のように溢れ出します。コンテの味わいは生産地の牧草、作られた季節、チーズ職人の技、熟成庫で過ごした時間を物語っています。それぞれのチーズが独自の物語を語っており、その物語は一つとして同じものはありません。

結局、自身の味覚以外に頼れるものはないのです。常に同じ味のチーズもあれば、コンテのようにほおばるたびに驚きを与えてくれるチーズもあります。なぜなら自然が育むチーズだからです。もしあなたの味覚が好奇心に溢れ、繊細さを求めているのならば、コンテほどうってつけのものはありません。決して飽きることはないでしょう。そのような理由から、コンテをお買い求めになる前には必ず試食されることをお奨めします。

比較的頻繁に遭遇するコンテの味覚は83種類で、ミルク系、フルーツ系、ロースト系、野菜系、動物系、スパイス系の6つの大きなカテゴリーに分類されます。

コンテの生産地域内のチーズ工房60軒の周辺の牧草を調査した結果、各チーズ工房あたり平均130種類、合計576種類の植物相がみられました。土地を生かした農業技術のみが、このように多様な植物相を守ることができるのです。


コンテを味わう メニュー



メインメニュー