COMTE コンテ


ニュース


フランスで広く親しまれているコンテチーズ、2009年度のプロモーション活動スタート / 2009年6月29日

フランスのアルプスに程近いジュラ山地一帯で作られているハードタイプの熟成チーズ「コンテ」。コンテチーズ生産者協会(CIGC:フランス、ポリニー市)は、コンテのさらなる認知度アップと販売促進のため、今年で3年目となる日本でのプロモーション活動を展開します。

コンテはフランスで広く親しまれているチーズです。2008年の出荷量は48,189トンで、フランスの全AOP*(原産地呼称保護)チーズの生産量の1/4ほどを占め、2位のロックフォールを大きく引き離してNo. 1となっています。出荷量は年々増加しており、90年と比べると約1.6倍になっています。(下図)


1980年代には主に生産地域(ジュラ)内で消費されていたコンテですが、近年ではフランス全域だけでなく、海外にも流通するようになりました(右図)。主な輸出国はドイツ、ベルギー、米国、日本で、日本には約50トンのコンテが輸出されています。


コンテチーズ生産者協会は、このコンテの魅力をより多くの日本の方々に紹介すべく、積極的なプロモーション活動を行う予定です。プレスツアー、消費者プレゼントなどのPR活動の他、リーフレットやレシピ、エプロンなど多種のオリジナル販促物を用意し、販売店や飲食店に「コンテフェア」の実施を広く働きかけていきます。フェアは随時日本語ウェブサイト www.comte.jpにて告知する予定です。また問い合わせは随時受け付けています。

さらに10月には協会関係者が来日し、プレスやチーズ愛好家を対象としたテイスティング・セミナーを行う予定です。各種のイベントやプロモーション活動を通して、コンテのナチュラルな美味しさ、季節や生産地、熟成期間の違いなどから生まれる風味の多様性などの、新たな魅力を伝えていきます。



*AOPとは? 元々フランスにはAOC(原産地統制呼称)という品質保証制度があり、コンテは1958年にその認定を受けています。その後、1992年にEUの保護制度としてAOP(原産地呼称保護/英語ではPDO)が設けられました。尚、AOPロゴの配色は2009年より赤と黄色に変更されました。

[ この件に関するお問い合わせ先 ]

コンテチーズ生産者協会
Comité Interprofessionnel du Comté
Avenue de la Résistance - BP20026 - 39801 Poligny Cedex, France
Tel: +33 (0)3 84 37 23 51 Fax: +33 (0)3 84 37 07 85


コンテチーズ生産者協会 日本連絡事務所 (株)旭エージェンシー内
Tel: 03-5574-7890 Fax: 03-5574-7887 info@comte.jp

ニュース メニュー



メインメニュー